子供の写真をまとめるときのフォトブックの使い方

年齢や月齢で分けてみる

フォトブックジャンルやお出かけをした場面ごとに作るフォトブックとは違い、お子様の成長を順番に追いかけるようなフォトブックもおすすめですよ。生後半年までで一つのフォトブック、生後半年から1歳までで一つのフォトブック、などと月齢や年齢に合わせて作ってみましょう。もちろんこれ以外にも様々なジャンル分けをしたフォトブックを作ってあげるとよいですね。また、入園式や卒園式、運動会のような学校イベントもフォトブックで見返してみれば良い思い出になることでしょう。実際にフォトブックを作りたいと思った際には、どの写真もおさめたくなるのが親心というもの。

一つ一つの写真に納められたお子様の表情を、可能な限りフォトブックとして残してあげたいのではないでしょうか。また、子供の成長をフォトブックに残す際には写真だけを次々に使用するのではなく、中には文字だけのページがあっても良いです。月齢や年齢ごとの区切りの部分には、文字だけで細かい説明を入れてみるアイデアはいかがでしょうか?特に月齢であれば新しくできるようになったことも多いため、文字だけのページも十分なボリュームになります。とてもおしゃれなフォトブックを作ることができるでしょう。大人が思っている以上に子供の成長というのは早いものです。

そういった成長をしっかりと残してあげるためには、フォトブックが最適。大きなアルバムではなく手頃サイズなフォトブックを作ることで、いつでも子供の成長を追いかけることができるでしょう。来客があった際や、ある程度子供が大きくなってから見直す場合にも重宝しますよ。

《関連HP》卒園アルバム作成|SHIMAUMA PRINT

ジャンルごとに分けてみる

家族写真お子様の成長をフォトブックに納める際には、どのように写真を並べたら良いのかで悩んでしまうことがあります。お勧めなのはジャンルごとに分けて見る方法。例えばお買い物に出かけたシーンや、公園で遊んでいるシーン。お食事のシーンなどを分けてみましょう。またこの他にもテーマパークに出かけた際には、それだけで一つのフォトブックを作ることも可能。生後6ヶ月、1年、1年半、2歳とお誕生日ごとに分けて作ってみるのも良いでしょう。これ以外には泣いている顔だけを集めたフォトブックや、寝顔だけを集めたフォトブックなどもお勧めになりますよ。

フォトブックは無料のものから有料のものまで様々ですが、無料のものでも複数のサービスを活用すれば十分たくさんのフォトブックを作ることができるでしょう。少しでもリーズナブルに、そしてオシャレに作りたいと思っている方はフォトブックのサービスを徹底的にチェックしてみると良いです。お子様の成長を追いかけながら、大きくなっても楽しめるようにあくびの顔だけ、くしゃみの顔だけなど、様々なジャンルごとのフォトブックを作っていきましょう。考えれば考えるほど無限に、多くのジャンルでフォトブックを作ることができるでしょう。

フォトブックに子供の成長を収める

子供は日々成長を続けているものであり、その成長を写真に残しておきたいというのは多くのご家庭で考えることではないでしょうか。以前は1枚1枚の写真をアルバムに納めておくといった方法で保存していました。また一つの冊子を作る際には専門家や専門店に依頼する必要があり、面倒に感じてしまうこともあったでしょう。当然ながら費用も必要になってしまいますね。近年では簡単にフォトブックが作れる時代になりました。フォトブックを作るためには、スマートフォンやパソコンが一つあればOK。ネット上にお気に入りの写真をアップして、様々なレイアウトを考えれば世界に一つだけのオリジナルフォトブックが完成します。

カメラお子様の成長をフォトブックに収めたいと思っている方に、役立つ情報をお話していきましょう。無料で作れるフォトブックも増えていますので、どんどん活用していくと良いでしょう。おしゃれなフォトブックを作るためには、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか?フォトブックを扱っている会社によってアレンジの方法や使用できる写真の枚数、そして画質等も違っているものです。このような部分をチェックした上で、スマホで撮影した写真からフォトブックが作れるというサービスを覚えておくと良いでしょう。あらかじめスマートフォンのアプリの使用し、加工写真をフォトブックに使うことも可能ですよ。

近年ではパソコンに比べ、スマートフォンアプリでさまざまな写真加工ができる時代となりました。面白いアレンジを加えたものや、お子様の成長に合わせて文字を加えた写真など様々なものをフォトブックに収めて成長を追いかけていきましょう。